ユンハンス・マックスビル クロノスコープ Ref.027-4003-44M・20世紀の偉大なデザイナー、マックス・ビルによる古典的でモダンな美しいクロノグラフ

ドイツで初めてクォーツ時計を世界で初めて電波時計を作ったのは何を隠そうユンハンス。

1866年から始まった時計製造ブランドの歴史は意外と長い。

品質や精度の高さで定評があり、1900年代初頭、世界で一番大きな時計ブランドへと成長していった。

現在でもバウハウスの流れをくむマックスビルというモデルは壁掛け時計のようなシンプルさを持った、古典的な作風になっています。

小さなインデックス、昔風の球面ガラスに小さめのプッシュ類が60年代っぽい。

デザインは20世紀の偉大なデザイナー、マックス・ビル。

時計の名前にもそのままなっている建築家、画家、プロダクトデザイナーである彼の哲学がそのまま腕時計に宿っています。

無駄のないシンプルな作りはベゼルを最大限狭くし、限られた文字盤のサイズを最大まで大きくすることによって視認性を高めています。

美しさと機能性を両立させた心に響く1本。

ユンハンス マックスビル クロノスコープ 027/4003 44Mの価格を見る

JUNGHANS max bill by junghans Chronoscope マックス ビル クロノスコープ 自動巻 クロノグラフ 027 4003 44m
■ケース:ステンレススチール、φ40mm ■機能 自動巻クロノグラフ j880.2 (Valjoux7750 ベース、25 石、28,…

JUNGHANS max bill by junghans Chronoscope マックス ビル クロノスコープ クロノグラフ 027 4003 44m
■ケース:ステンレススチール、φ40mm ■機能 自動巻クロノグラフ j880.2 (Valjoux7750 ベース、25 石、28,…

機能性といえば、このメッシュになったミラネーゼブレス。

60年代を思い起こさせるかっこいいレトロなデザインですが、蒸れないという機能性も備えています。

デザインと実用性を見事に高い位置で融合させたマックスビルの計算しつくされたデザインには脱帽せざるをえない。

丸みを帯びた愛嬌のある裏蓋にはマックス・ビル氏のサインが。

中に搭載されているのはインカブロック耐震構造で守られた、

ユンハンス社がETA7750から独自に変更を加えたCal.J880.2。

スモールセコンドを6時位置に移動させたりデイト機能を搭載したり手が込んでいる。

ケース淵、インデックス、インダイヤルの位置、プッシュボタンなどなど、計算しつくされたこのモデルはレザーよりもメッシュのミラネーゼブレスのままの方が絶対良いですね。

総合的に非常にかっこよくてバランスの良い1本だと思います。

しかも安価。

そして何よりユンハンス。

この響きが本当に心地よい。

ユンハンス マックスビル クロノスコープ 027/4003 44M

ユンハンス 腕時計 JUNGHANS マックスビル バイ ユンハンス クロノスコープ JU-027-4003-44M メンズ
腕時計 ユンハンス JUNGHANS 【型番】JU-027-4003-44M【ケース】材質:ステンレススチール サイズ:約径40…

【ユンハンス】【GL489】マックスビルクロノスコープ 027 4003 44M
●商品紹介:グラフィック、建築、彫刻、インダストリアルデザインなど様々な顔をもつユニヴァーサル・クリ…

ユンハンス マックス・ビル 自動巻き ドイツ製 腕時計 027 4003 44 M
正規品 7年保証キャンペーン 偉大なデザイナーでありバウハウス最後の巨匠と呼ばれるマックス・ビルが1962…