気になる定価言っちゃいます。

定価は118万8,000円です。

超が付くほど大人気のこのモデル。

ヨットマスター Ref.116622

まずロジウムのおさらいから。

ロジウムとは白銀色の金属物質。

プラチナにも似ています。

それでロレックスがそのロジウムに何か特殊な混ぜ物をしてこしらえたのが、

ダークロジウム。

このダークロジウムがこの時計の人気の秘密。

これがなきゃここまでの人気はありません。

そんなダークロジウムヨットマスターの文字盤はつややかに光り、

角度によってはなんとも表現できないほどに表現できないにくいやつ。

このこのう!

ロレックス ヨットマスター ダークロジウムの価格を見る

ロレックス ヨットマスター ロレジウム 116622 ダークロジウム 新品 メンズ 腕時計
ROLEX(ロレックス) ヨットマスター ロレジウム 116622 ステンレススティール/SS×プラチナ/PT ダークロジ…

ロレックス 116622 ヨットマスター ダークロジウム 国内正規未使用品 【未使用品】
素材 ステンレス×プラチナ ランク S 機械 自動巻 ケースサイズ(mm) 40 付属品 ロレックス純正箱付き…

さらにこのモデルの特徴は,

お気づきだとは思いますが、

水色の針。

この色との組み合わせは、

本当に素晴らしい!

この動画はRef.116622とRef.116655を比べたものなんですが、

ヨットマスターの中でも一番かっこいい二つを比べています。

僕は後者の方が好きなんですが、

ダークロジウムの方も目が行ってしまいます。

基本的にロレックスは秒針にはゴールドカラーを使ってきます。

そこを敢えてロレックスカラーでもない鮮やかな水色を使っている点からすると、

はっちゃけたモデルに仕上がっている感じです。

うーむ、ロレさん、攻めている!

バーゼルの時計ショーでロレックスの時計の評判は良くなかったそうな。

そこで翌年2016年に投入したこのダークロジウムで汚名とまではいきませんが、

何かヒット作を生み出さなければいけませんでした。

窮地にあったロレさん。

背水のロレさん。

危機を脱出したロレさん。

災い転じてロレとなったわけです。

それくらい強烈に印象に残るヨットマスターのカラーリングなわけで、

僕も大好きになっちゃいましたからね。

一目じゃなくて二目くらいで。

ロレックス ヨットマスター ロレジウム 116622 ダークロジウム 新品 メンズ 腕時計
ROLEX(ロレックス) ヨットマスター ロレジウム 116622 ステンレススティール/SS×プラチナ/PT ダークロジ…

ロレックス 116622 ヨットマスター ダークロジウム 国内正規未使用品 【未使用品】
素材 ステンレス×プラチナ ランク S 機械 自動巻 ケースサイズ(mm) 40 付属品 ロレックス純正箱付き…

ロレックス 116622 ヨットマスター ダークロジウム ランダム品番 国内正規 USED (YACHT-MASTER)
素材 ステンレス×プラチナ (SS×Pt) ランク A (condition good) 機械 自動巻 (automatic) ケースサイズ(…

ポっ!