IWCの2018年の新作モデルまとめ・SIHH、ジュネーブサロンで発表されたのはどんな時計?

3月のバーゼルワールドが終わっちゃいましたが、スイスに実際に行ってみた人はいかがでしたでしょうか?

僕はまだ足を運んだことがないですが、やっぱりバーゼルを待ちきれなかった人は多いんじゃないでしょうかね。

それよりも先にジュネーブサロンでIWCやパネライなどの新作が発表されたのでしびれを切らさずに済んだ人もいるんじゃないでしょうかw

間に何かあったので良かった。

ということなんですが、今日はそんなリシュモングループの一角を担うIWCが2018年に発表した新作についてみてみたいと思います。

ポルトギーゼ クロノグラフ ​“150 イヤーズ” ブルー Ref.IW371601 & ホワイト Ref.IW371602

ポルトギーゼ クロノグラフ “150 イヤーズ” ブルー Ref.IW371601 ホワイト Ref.IW371602



ということでまずは超が付くほど人気のポルトギーゼのクラシックなクロノグラフ。

これまでこのモデルはあったんですが、今回は文字盤がブルーとホワイトのラッカー仕上げで登場し、

さらにはムーブメントもこれまでのではETA7750ベースで生み出されたムーブメントCal.79350を搭載しているんですが、2018年に各色2000本限定で登場したモデルには自社製ムーブメントCal.69355に載せ替えられています。

ポルトギーゼ パーペチュアル​カレンダー “150 イヤーズ” Ref.IW503405

ポルトギーゼ パーペチュアル​カレンダー “150 イヤーズ” Ref.IW503405


白いラッカーダイヤルで登場した永久カレンダーとダブルムーンのコンプリケーション。

ダブルムーンは北半球と南半球の月の位相を確認できる機構。

通常は北半球のみですからね。

ホワイトラッカーダイヤルがきれいだ。

ポートフィノ ​オートマティック “150 イヤーズ” ブルー Ref.IW356518 & ホワイト Ref.IW356519

ポートフィノ ​オートマティック “150 イヤーズ” ブルー Ref.IW356518 & ホワイト Ref.IW356519




ポートフィノ ​クロノグラフ “150 イヤーズ” ブルー Ref.IW391023 & ホワイト Ref.IW391024

ポートフィノ ​クロノグラフ “150 イヤーズ” ブルー Ref.IW391023 & ホワイト Ref.IW391024




そしてこれらの4本も同じくホワイトとブルーのラッカー仕上げがされて新色として登場しました。

各色2000本ずつで販売される限定品ばかりですね。

文字盤のマットなのに艶やかなセラミックのような陶器のようなラッカー感がとてもつもなく良い。

ポートフィノ ハンドワインド 8デイズ ​ムーンフェイズ “150 イヤーズ” ブルー Ref.IW516405 & ホワイト Ref.IW516406 & 18Kピンクゴールド Ref.IW516407

ポートフィノ ハンドワインド 8デイズ ​ムーンフェイズ “150 イヤーズ” ブルー Ref.IW516405 & ホワイト Ref.IW516406 & 18Kピンクゴールド Ref.IW516407




そしてムーンフェイズモデル。

これまでの8デイズモデルにムーンフェイズ機構が加わったモデルが新たに加わった感じです。

さらに文字盤には同じくラッカー仕上げが施してある。

綺麗ですね、やっぱり。

ダヴィンチ オートマティック “150 イヤーズ” ホワイト Ref.IW358101 & ブルー Ref.IW358102 & 18Kレッドゴールド ホワイト Ref.IW358103

ダヴィンチ オートマティック “150 イヤーズ” ホワイト Ref.IW358101 & ブルー Ref.IW358102 & 18Kレッドゴールド ホワイト Ref.IW358103




ダヴィンチにも綺麗なラッカーダイヤルが採用されています。

18Kレッドゴールドも登場しましたが、なかなか見ごたえがあります。

パイロット​ウォッチ クロノグラフ “150 イヤーズ” Ref.IW377725

パイロット​ウォッチ クロノグラフ “150 イヤーズ” Ref.IW377725


もはや説明不要。

白いラッカーダイヤルで登場したモデル。

というわけでIWCから登場した新作モデルは2018年も綺麗なモデルばかりでしたが、どちらかというとラッカーダイヤルでバリエーションを増やすことにフォーカスされた感じですかね。

ポルトギーゼのクロノグラフの自社ムーブメントモデルはかなり人気がでるんじゃないでしょうかね。

関連性があるかもしれない記事